ダイエットの噂話 未分類 夜食を摂ると太るのか?

夜食を摂ると太るのか?

0 Comment

ダイエットの噂話は色々と聞きますが、「夜食は太る」というのはよく聞く話ですよね。

夜食だけでなく、晩御飯も、寝る3時間前までに食べるのがいい、というのもよく言われていることだと思います。夜食は、食べてから寝るまでの時間が短いので太るようなイメージもありますが、実際は、夜食自体が太る原因になるということが科学的にも証明されているのです。

人間の体は24時間いつも同じ状態にあるわけではなく、全く同じメニュー&量のご飯を食べても、朝より昼、そして昼より夜の方が太りやすくなってしまうのです。

ご飯を食べていると、段々体が温まってくることがあると思います。それは、食べ物を摂取することで体からエネルギーが発散しているので温かく感じるのですが、その体のしくみ自体が夜になると活発でなくなるのです。

しかも、夜になると体内で増えるたんぱく質というのがあって、このたんぱく質が体に脂肪を蓄える仕組みになっているのですが、このたんぱく質は夜の10時から夜中の2時までが最も体内で量が多くなるのです。

夜になるとエネルギーの発散はしにくくなるし、そのうえ脂肪が溜まりやすい状態であるなら、夜食は太る原因になるのも当然ですよね。

夜の10時から夜中の2時は、お肌のためにも寝ているのがいいそうです。また、子供もその時間帯は脳の発達に影響があるので寝た方がいいと言われています。

不規則な仕事などの場合は仕方ありませんが、できれば早寝早起きで、健康的な生活をおくることがダイエットにもつながるのかもしれませんね。